ソフトバンク、モンゴルで風力発電 総工費500億円

2012/10/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクはモンゴルで風力発電事業を始める。同国政府から南部の砂漠にある遊休地の賃借権を取得した。面積は東京都全体に匹敵する約2200平方キロメートル。2014年中にも出力30万キロワットの発電所を稼働させる。総工費は500億円程度の見込み。現地電力会社に売電し、将来はロシアなど近隣国への電力輸出も検討する。

自然エネルギー事業子会社のSBエナジー(東京・港)が、モンゴルで自然エネ事業を手がけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]