2019年2月19日(火)

ビックカメラ、創業者の新井氏が会長復帰

2012/8/23付
保存
共有
印刷
その他

家電量販大手のビックカメラは23日、創業者で筆頭株主の新井隆司相談役(66)が取締役を兼ねない会長に就く人事を発表した。「業界環境が厳しさを増す中で、創業者の指導を仰ぎやすい体制とする」(同社)という。新井氏は2009年2月、過去の決算について不適切な会計処理を指摘された問題の責任をとり、代表取締役会長を辞任していた。

9月1日付で就任する。新井氏は個人でビック株の約17%を保有。会計問題を巡っては、証券取引等監視委員会が1億2000万円の課徴金納付を新井氏に命じるよう金融庁に勧告したが、金融庁は「金融商品取引法の違反事実はなかった」として10年6月に勧告を覆した経緯がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報