/

全スマホに「IGZO」搭載 シャープ、14年度出荷分

シャープは23日、2014年度に出荷するスマートフォン(スマホ)やタブレットの全モデルに省エネパネル「IGZO(イグゾー)」を搭載すると発表した。12年度下期は4割強だったが、国内通信大手3社が発売した搭載製品の販売が好調なため。高機能端末の生産比率を引き上げ、収益拡大につなげる。

同日都内で開いた新製品説明会で長谷川祥典常務執行役員が明らかにした。IGZOパネルは、テレビなどに使う液晶パネルよりも消費電力が8割以上少ない。搭載スマホが充電せずに2~3日間使用できるのが特徴だ。NTTドコモが昨年11月に発売したスマホは約60万台を販売するヒット商品になっている。

シャープの12年度の国内携帯電話端末出荷台数は米アップル、富士通、に次いで3位。長谷川常務は高付加価値製品を投入し「国内企業の中で1位になる」と強調した。

IGZOパネルは天理工場(奈良県天理市)だけでなく、亀山第2工場(三重県亀山市)でも生産できるようにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン