/

5号機の冷却ポンプが停止、交換へ 福島第1原発

東京電力は23日夜、福島第1原子力発電所5号機で同日午後5時20分ごろ海水を使う冷却ポンプが動かなくなったと発表した。高圧電源車から外部電源に切り替える作業中に何らかのトラブルが発生したもようだ。

5号機は原子炉の水の温度がセ氏100度未満で安定しているが、現状のまま放置すると温度が上昇に転じる可能性がある。24日昼までに新しいポンプに取り換え冷却機能を回復させる予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン