/

この記事は会員限定です

家庭用蓄電池、今秋メド発売 伊藤忠エネクス

[有料会員限定]

石油販売大手の伊藤忠エネクスは今秋をめどに、家庭用蓄電システムを発売する。蓄電容量が6キロワット時程度で、家庭用としては国内主要メーカーの製品のなかでも最大規模の容量になるという。東日本大震災後、電力不足への懸念が広がるなか、太陽光発電による電気などを貯蔵する非常用電源として売り込む。2014年度に年1万台程度の販売を目指す。

システムはリチウムイオン蓄電池と、蓄電池の充放電量などを制御する周辺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン