/

この記事は会員限定です

日本、空洞化に危機感 日米で次世代半導体

[有料会員限定]

半導体関連企業が次世代メモリーの量産技術の共同開発に乗り出すのは、日本勢が持つ製造装置や素材面での優位を保つためだ。エルピーダメモリが米マイクロン・テクノロジーの傘下に入るなど国内半導体メーカーの力が低下。国内の半導体研究開発が空洞化しかねないとの危機感もある。次世代品研究で先端を走る東北大学を拠点に、量産に必要な基盤技術開発で先行したい考えだ。

日本勢は東京エレクトロンや信越化学工業など各分野の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン