2018年6月20日(水)

東芝、英原発会社の株式50%取得 設備受注狙う
スペイン電力大手と140億円で合意

2013/12/23付
保存
共有
印刷
その他

 【ロンドン=黄田和宏】東芝はスペイン大手電力会社イベルドロラから、英原子力発電事業会社ニュージェネレーション(ニュージェン)の株式50%を取得することで合意した。取得価格は8500万ポンド(約140億円)。東芝はニュージェンから原発設備を受注することを狙い、同社への出資を検討していた。今回の株式取得で受注の可能性が高まった。

 イベルドロラが23日に発表した。ニュージェンにはイベルドロラと仏エネルギー大手GDFスエズが折半出資している。英中部セラフィールドで合計出力360万キロワットの原発建設を予定しており、経営合理化を進めるイベルドロラと、英国での原発受注を狙う東芝との間で利害が一致した。

 東芝はGDFスエズからもニュージェン株の一部を取得する方向。東芝は子会社の原発設備大手、米ウエスチングハウス(WH)の設備を、新設する原発に納入して事業を拡大したい考えだ。原発設備を納入した後に経営権を売却することを想定している。

 脱原発への流れが強まる欧州大陸とは異なり、英国政府は積極的に原発事業を推進しており、原発各社は商機獲得に動いている。日立製作所は昨年、英原発企業ホライズン・ニュークリア・パワーを買収。また仏電力公社(EDF)が中国企業と共同で英国での原発建設計画を進めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報