事故止まらぬJR北海道 内向き経営、改革進まず
赤字の鉄道、投資に遅れ

2013/9/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道旅客鉄道(JR北海道)でトラブルが続出している。出火事故に加え、レールの異常を97カ所放置していたことも明らかになった。競争の少ない道内大企業の内向きの体質と、鉄道事業で営業赤字が例年300億円に及ぶ経営基盤の弱さが安全という公共交通の基本を揺るがしている。

「なぜルールが守れなかったのか」。22日夜、記者会見で野島誠社長は絞り出すように語った。19日の貨物列車脱線を機に、レールの幅や高さ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]