/

この記事は会員限定です

OSで協業、端末は競合… メーカーの関係に変化

[有料会員限定]

日本市場では世界的にみても多い国内外10社以上のパソコンメーカーが、米マイクロソフト(MS)の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」を搭載した端末を販売している。MSは「『サーフェス』の販売で大きく利益を上げるつもりはない」と強調するが、協業関係にあるこれらの企業の製品と店頭で競合することは避けられない。

「日本ではいつ発売になるのか」「価格はどのくらいなのか」。MSが昨年10月、米国や中国などでサー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン