食品各社、中国の提携戦略カギ
キリン、自前展開を転換 華潤集団と合弁で

2011/1/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キリンホールディングス(HD)が中国の華潤集団と合弁に乗りだすのは、独自の事業展開では限界があったためだ。人口増と経済成長で市場拡大が続く中国の事業は食品企業にとり成長のカギを握る。サントリーホールディングスも昨年に米ペプシコと中国の清涼飲料事業で手を組んでおり、中国攻略は海外大手との提携戦略が成否を左右しそうだ。

キリンHDは2006年から約1兆円を投入してオーストラリアの乳業・ビール大手など…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]