日米で次世代半導体 米マイクロンなど20社超参加
量産技術、16年度めどに

2013/11/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米マイクロン・テクノロジーや東京エレクトロンなど日米の半導体関連企業20社超が、スマートフォン(スマホ)などモバイル機器の性能を大幅に高める次世代メモリーの量産技術を共同開発する。現行メモリーに比べ記憶容量を10倍に高め、電子機器の消費電力を約3分の2に減らす。2016年度に技術を確立、マイクロンは18年にも量産に入る。国際競争力の高い日本の素材・装置メーカーが結集し、次世代メモリー開発の主導権…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]