/

この記事は会員限定です

インドで「ハットリくん」…民放、アニメ海外販売に力

[有料会員限定]

民放各社がアニメ番組の海外販売を拡大する。テレビ朝日が人気アニメの「忍者ハットリくん」を海外で制作、アジアや欧州の約10カ国・地域に売り込む。テレビ東京も中国の制作会社に技術提供し新作アニメを制作、日本や韓国などでも放送する。アジアにおける放送コンテンツの輸出市場は韓国が先行するが、日本は強みのアニメで巻き返しを急ぐ。

番組輸出では企画した民放などが番組の利用権を海外の放送会社に売却し収入を得る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン