/

松坂屋上野店、23億円で改装 J・フロント

J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は22日、約23億円を投じ松坂屋上野店本館(東京・台東)を改装すると発表した。同店は南館を来春に建て替えるため、売り場面積は従来の6割に減る。改装を通じてシニア向けの設備やサービスを充実させる。

本館改装は食品売り場を重点的に取り組むほか、南館に入居する紳士服や子供服、玩具などを移す。店内での買い物同行や代行、当日配達などシニア層に向けたサービスを新たに導入。改装は来年3月に終え、リピーターを増やし来春以降も売り上げの維持を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン