/

この記事は会員限定です

原電、資金ショート回避 電力大手が支援継続

[有料会員限定]

原子力発電専業の日本原子力発電に対し、関西電力など電力大手が債務保証を中心に資金繰りを支援することが明らかになった。4月下旬に返済期限が迫る借入金1040億円を借り換えられる見通しとなり、資金ショートは回避できそう。ただ、活断層問題を抱える敦賀原発(福井県)の2号機は廃炉に追い込まれる可能性があり、日本原電の経営問題は抜本的に解消されていない。

日本原電は保有する原発3基すべてが停止中。原子力規制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン