/

ドコモ、格安タブレット販売を発表 9975円

NTTドコモは22日の春モデルの発表会で、格安タブレット(多機能携帯端末)「dtab(ディータブ)」を3月下旬に発売すると発表した。価格は米グーグルやアマゾン・ドット・コムのタブレットより安い9975円に設定。低価格を武器に普及させ、通販・コンテンツ配信を手掛ける自社の電子商取引(EC)サイト「dマーケット」の利用拡大を促す。

ディータブは中国華為技術(ファーウェイ)製。10インチの画面と処理装置が4つあるCPU「クアッドコア」を搭載している。インターネットには無線LAN(構内情報通信網)で接続。高速通信サービス「LTE」など携帯電話回線は利用できないため、毎月のデータ通信料金はかからない。

9975円はドコモの既存のスマートフォン(スマホ)利用者が対象で、9月末までのキャンペーン価格とする。通常は2万5725円で扱う。

ドコモはディータブを通じてdマーケットの利用促進を狙う。dマーケットでは映画などの動画配信や日用品の通信販売、ソーシャルゲーム(交流ゲーム)を販売している。端末の採算は度外視し、ECサイトの利用増で収益を上げる考えだ。

グーグルやアマゾンもタブレットをコンテンツ配信やECサイトの販促ツールとするため、価格を1万円台に抑えている。国内のタブレット市場では米アップルの「iPad(アイパッド)」のシェアが大きかったが、調査会社のBCN(東京・千代田)によると昨年12月に初めてグーグルの「ネクサス」がiPadを抜いてシェア首位に立った。ドコモの格安タブレット投入で販売競争が一段と過熱しそうだ。

春モデルではスマホ9機種、ディータブを除くタブレット1機種などを4月までに順次販売する。スマホでは高いデザイン性が特徴のソニーモバイルコミュニケーションズ製「エクスペリアZ」を販売の目玉とする。

国内で初めて2画面のタッチパネルを備えたNECカシオモバイルコミュニケーションズ製のスマホ「メディアスW」も注目を集めそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン