企業「六重苦」、円高が最も重く 「業績悪化要因に」7割
社長100人調査 「抵抗力は95年より向上」53%

2011/8/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社が22日まとめた「社長100人アンケート」では、急激に進んだ円高が、諸外国に比べ高水準の法人税率などとともに企業収益の重荷となっていることが鮮明になった。回答した経営者からは、政府・日銀による為替介入の継続・拡大を求める声などが上がっている。

日本企業にとっての「六重苦」ともいわれる「円高」など6つの問題の中から、負担が重いと感じる順に上位3つを選んでもらったところ、最多は「円高」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]