2019年1月21日(月)

近鉄、奈良にメガソーラー建設 3000キロワット、13年度稼働目指す

2012/6/22付
保存
共有
印刷
その他

近畿日本鉄道は22日、奈良県に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する方針を明らかにした。沿線の遊休地を活用して出力3000キロワット級の施設を建設し、2013年度の稼働を目指す。発電した電気は電力会社に売却する。鉄道の利用が減っていくなか、収益源を多様化する。

近鉄は三重県にも2万キロワット級のメガソーラーを建設する方針を打ち出している。22日に開いた株主総会で事業目的に発電事業を加える定款変更の承認を得た。今後、再生可能エネルギーの全量買い取り制度の開始をにらみ、詳細な立地や投資額などを詰める。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報