東電と三菱系3社、福島に最新鋭石炭火力 20年にも
総投資額3000億円

2013/11/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力と三菱重工業、三菱商事など三菱グループ3社は共同で、福島県内に最新鋭の石炭火力発電設備を2基建設する。合計出力は100万キロワット規模。総投資額は3千億円で、政府も補助金拠出を検討する。2020年にも運転を始める。老朽火力から切り替えて燃料費を抑える。同時に建設工事などで雇用を創出し、原子力発電所事故で被害を受けた地域の復興を後押しする。

月内にも発表し、東電が年内にまとめる新しい総合特…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]