「飲酒の欲求」抑制、国内初の薬 依存症治療に - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

「飲酒の欲求」抑制、国内初の薬 依存症治療に

日本新薬、月内に承認申請

[有料会員限定]

日本新薬はアルコール依存症患者の断酒を後押しする治療薬の製造販売承認を月内に厚生労働省に申請する。特定の神経に働きかけて飲酒の欲求を抑える国内初の薬剤となる。承認を得られれば来年夏までに発売する方針で、年間30億円程度の売上高を見込む。

治療薬の名称は「アカンプロサートカルシウム」。日本新薬がスイスの製薬会社、メルクセローノから国内での開発販売権を取得し、2004年から臨床試験(治験)を進めてき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません