ヨドバシ、大都市で攻勢 名古屋でも「駅前・大型」
札幌・新宿も大型化

(1/2ページ)
2010/10/22付
保存
共有
印刷
その他

家電量販店3位のヨドバシカメラが、2016年度に開業するJR名古屋駅の駅ビルに出店する計画が22日、明らかになった。ヨドバシは大都市で攻勢を強めており、11月には京都市に出店。札幌市や東京・新宿でも店舗の大型化の準備に入った。都市部では大手家電量販の競争が過熱しているが、ヨドバシは高い収益力をテコに百貨店跡などで勢力を拡大する。

東海旅客鉄道(JR東海)が22日、松坂屋名古屋駅店跡に建設する「名古屋駅新ビル(仮称)」のテナントについて、ヨドバシに優先交渉権を与えたと発表した。地上46階建ての9~11階(延べ床面積計2万3000平方メートル)に出店を想定しているという。

ヨドバシは昨秋に閉鎖した西武札幌店を80億~100億円で買い取る交渉をセブン&アイ・ホールディングス相手に乗り出している。今夏には新宿西口本店前のビルも取得。増床が実現すればともに売り場面積は倍以上の2万平方メートル超となる。来月5日に近鉄百貨店京都店跡に開く店も同程度の規模があり、店舗の大型化を進める姿勢が鮮明だ。

ヨドバシの収益力の高さは家電量販業界では目を引く。同社は非上場企業で単体決算しか開示していないため、連結決算の他社と単純比較はできないが、売上高経常利益率は7%と最大手のヤマダ電機を2ポイント上回る。

店舗数は20店とヤマダ(約580店)や2位のエディオン(約420店)などに比べて少ないが、大半は東京や大阪など大都市のターミナル駅前に展開する。集客力を伴う好立地は営業効率の高さに結びついており、例えば従業員1人当たりの売上高は1億6700万円。ヤマダの1億700万円やエディオンの4800万円を大きく上回る。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]