/

この記事は会員限定です

地デジ化が迫るTV局の正念場 ネット動画と正面衝突

[有料会員限定]

24日の地上デジタル放送への完全移行(東北3県は除く)へ向け、NHKや民放各社は合計1兆5千億円もの巨費を投じてきた。総務省が地デジ化を推進してきたのは電波の有効利用に加え、放送の高画質化、双方向化など視聴者の利便性を高めるため。ただ、インターネットでテレビ番組を見られる時代が目前に迫るなど市場環境は変わった。テレビ局は難しいかじ取りを迫られる。

総務省が完全地デジ化を決定したのは2001年。テレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン