2017年11月21日(火)

東電、火力発電を分離 原賠機構が経営見直し案
送配電など社内分社も

2012/1/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京電力と政府は公的資金を使った資本注入後の東電について、火力発電部門の分離・売却を軸とした経営形態見直し案の検討に入った。東電の発電能力の約6割を占める火力部門に外部資金を導入し、コスト圧縮にもつなげる。残る原子力などの発電や送配電、販売などの各部門は経営透明化のため社内分社による独立運営とする案が有力。これまでの発送電の一体運営を一部見直す形となり、電力市場の競争が本格化する。

 政府が出資す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

東京電力



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報