/

この記事は会員限定です

カネカ、マレーシアでかつら素材生産 アフリカに輸出

[有料会員限定]

カネカは2015年から、マレーシアでかつらや付け毛に使うアクリル系合成繊維の生産を始める。約90億円を投じて、年産能力1万2千トンの専用工場を建設する。経済成長に伴ってアフリカ各国の都市部の女性向けにかつらや付け毛の需要が拡大しており、日本の工場に加えて新たな生産拠点を設ける。

マレーシアのパハン州にある合成樹脂の製造拠点の敷地にアクリル系合繊の新棟を設ける。15年10月の稼働を目指す。アクリル合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン