パナソニック、節電対策で夏休み2倍 まず関西の拠点
秋季分を前倒し

2012/5/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パナソニックは21日、秋季の休みを前倒しで取得して夏休みを倍増する「勤務シフト」の導入などを柱とする節電対策をまとめた。電力不足が深刻な関西の工場などを中心に全国規模に対象を広げ、操業時間を削減。関西電力が要請する15%以上のピーク時節電を目指す。パナソニックが全社的な節電策を打ち出したことで、同様の動きが広がりそうだ。

電力需給対策が後手に回る政府や電力業界に対し、産業界の不満は高まっている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]