/

この記事は会員限定です

標的型サイバー攻撃、対策ソフト通用せず

[有料会員限定]

標的型サイバー攻撃の被害が拡大している。4月にヤフーから2200万件、7月にはNTTコミュニケーションズが運営するOCNから約400万件のID・パスワードの流出した可能性がある事件が発生。セキュリティー対策コンサルティング会社のS&Jコンサルティング(東京・港)の三輪信雄社長は「標的型攻撃にあった可能性が高い」とみる。

警察庁によれば2012年に標的型サイバー攻撃が1009件発生した。多発するのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン