/

この記事は会員限定です

オリンパス・ソニー、医療分野の相乗効果狙う

[有料会員限定]

オリンパスがソニーからの出資受け入れで調整に入るのは、映像事業の立て直しに同社が最適だと判断したためだ。ソニー以外にもパナソニック、富士フイルムホールディングス、テルモから打診を受けたが、ソニーとともに有力候補だったパナソニックが出資を見送る方針を決めたことが背中を押した。

オリンパス側の資本業務提携の最大の狙いは、資本の充実と赤字に陥っているデジタルカメラを中心とした映像事業の採算改善。この観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン