日産、電力駆動で最高時速300キロのレースカー

2013/6/21付
保存
共有
印刷
その他

日産が公開した、電気自動車「リーフ」の電池技術などを活用したレーシングカー「Nissan ZEOD RC」

日産が公開した、電気自動車「リーフ」の電池技術などを活用したレーシングカー「Nissan ZEOD RC」

日産自動車は21日、電力駆動で時速300キロメートルで走行できるレーシングカーを公開した。2014年に世界で最も過酷なレースといわれるルマン24時間レースに出場する。世界的に知名度が高い同レースに参戦し、エコカー戦略の主軸に据える電気自動車(EV)の技術力をアピールする狙いがある。

レーシングカーの名称は「Nissan ZEOD RC」。22日から始まる今年のルマン24時間レースにあわせてサーキットに展示する。日産が市販するEV「リーフ」のリチウムイオン電池技術などを活用。ガソリンエンジンも搭載し、エンジン走行時に充電することで、フル充電時でサーキット1周分(約13キロメートル)を電気の力だけで走行できる。

日産が公開した「Nissan ZEOD RC」は2014年のルマン24時間レース参戦する予定

日産が公開した「Nissan ZEOD RC」は2014年のルマン24時間レース参戦する予定

新型車は革新的な技術を採用した車両が対象となるルマン24時間レースの特別枠「ガレージ56」で来年参戦。時速300キロメートルの最高速度は「電力駆動のレーシングカーとしては世界最速」(日産)という。

ルマン24時間レースには、トヨタ自動車などがスタート時や加速時に電気モーターの力を使うハイブリッド車(HV)で参戦して認知度向上につなげた。日産はこれまでリーフを世界累計6万5千台以上販売するなどEVに注力しており、技術力のアピールで普及拡大を促す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]