エルピーダ、投資再開 DRAM増産へ800億円

2014/1/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エルピーダメモリは広島工場(東広島市)で最先端の半導体メモリーの生産に乗り出す。約800億円を投資しスマートフォン(スマホ)向けメモリーを2割増産する。3年ぶりの投資再開となる。2012年2月に法的整理となった同社は米半導体大手マイクロン・テクノロジーの傘下で再建中。日米連合で世界首位の韓国サムスン電子を追い上げる。

増産するのは「DRAM」と呼ぶメモリー。高精細の動画をスマホ画面に円滑に表示さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]