テレビ、勝者なき消耗戦 値崩れ加速で作るほど赤字

(1/2ページ)
2011/10/22 1:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パナソニックがテレビ事業を縮小する。規模拡大によるコスト削減を目指した投資競争の末に、円高と内需縮小の逆風が吹きつけた。日本の電機大手はテレビ事業そのものを維持できるかどうかの瀬戸際に立つ。

調査会社BCN(東京・千代田)によると、10月10~16日の薄型テレビ販売台数は前年同週比72%減った。マイナス幅は過去最大だ。売れ筋の32型の平均価格は4万円。3年前の4割だ。

ヤマダ電機の山田昇会長は「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]