/

ヤフー新社長「営業利益2倍」を公約

ヤフーは21日の株主総会で、中期的に営業利益を現在の2倍に引き上げる経営目標を示した。同日社長に就任した宮坂学最高経営責任者(CEO)は「第2の創業」を掲げ、ポータルサイトでは自前で運営するサービスを競争力を持つ20程度に絞り込む大幅な整理統合に着手。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)分野に大幅に経営資源を移す。

ヤフーは2012年3月期まで15年連続で増収増益を達成。ただ、本業のもうけを示す営業利益(1650億円)の伸びが年率3%程度にとどまっている。宮坂社長は「利益成長の再加速」を宣言。遅くとも19年3月期までに、営業利益を現在の2倍にする目標を示した。

利益向上のため、事業の選択と集中を加速。100以上のサービスを自前で運営してきたが、競争力が高い「ニュース」や「オークション」など20程度に絞り込む。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン