/

秋田・岩手のスーパー4社「経営統合を断念」

伊徳(秋田県大館市)とタカヤナギ(同県大仙市)、ベルプラス(岩手県盛岡市)とスーパーマーケットマルイチ(同)の4社は、経営統合を断念する。4社は2011年度をめどに統合することで基本合意していたが、店舗運営や共同仕入れの方法を巡り溝が埋まらなかった。

ディスカウントが主力のベルプラスと、スーパーの他3社では価格や品ぞろえなどの戦略で優先順位が異なり、経営統合によるメリットが少ないとの結論に至った。共同仕入れなどを担う共同出資会社「ユナイト」(盛岡市)も5月末で解散する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン