千代田化工、プラント劣化診断・設計解析を海外展開

2010/2/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千代田化工建設はプラントの劣化診断や設計解析事業で海外に本格進出する。第1弾としてアラブ首長国連邦(UAE)のエネルギー会社と長期契約を結び、技術者を派遣。3月に現地事務所も新設する。海外のプラント建設を本格化して30年余りが過ぎ、設備の経年変化が進行。大型で複雑な構造の新設プラントでも診断需要があるため、現地進出して受注拡大を目指す。

千代田化工が全額出資し、コンピューターソフト技術を使った設…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]