/

コスモ石油火災、発生から10日で鎮火

タンク内のガス燃やし尽くす

コスモ石油は21日、千葉製油所(千葉県市原市)内の火災が同日午前10時10分に鎮火したと発表した。東日本大震災の影響で傷ついた配管からガスが漏れて引火、液化石油ガス(LPG)タンクが延焼していた。鎮火まで10日かかった。

今回の火災では全身やけどの重傷1人を含め、関係会社などの作業員計6人が負傷した。ガス流出を防止するため、タンク内のガスを燃やし尽くしたため鎮火まで時間がかかった。

千葉製油所は石油精製能力が日量22万バレルと同社最大の製油所。精製設備には火災の直接の影響はないものの、操業再開のめどは立っていない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン