/

この記事は会員限定です

がん診断薬の開発進む 厚労省、制度・審査体制も整備

[有料会員限定]

がんは細胞の遺伝子が変異して体を攻撃し始める。分子標的薬はこの変異を突き止めて、活動を妨げ、がん細胞の増殖を抑える。異常のある遺伝子の有無が投与の効果を見極めるカギとなるため、厚生労働省は遺伝子を調べる診断薬の開発を促している。

厚労省は昨年7月、分子標的薬については同時に診断薬の開発も求める通知を出した。今年7月以降、分子標的薬の承認申請を受ける際には、診断薬の申請も1カ月以内に求める。また治療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン