/

大王製紙前会長、製紙連副会長を辞任

グループ会社から約84億円を借り入れていた問題で16日付で辞任した大王製紙の井川意高・前会長(47)が、業界団体である日本製紙連合会(篠田和久会長)の副会長を辞任した。製紙連が20日明らかにした。副会長は大手製紙会社の代表者が務めており、従来の5人から4人となった。後任を充てるかどうかは未定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン