NEC、通信・サービス軸に ハード事業抜本改革

2011/1/21 2:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

かつて国内パソコン市場で5割超のシェアを握り、「国民機」の担い手を自負していたNECがついにパソコン事業を抜本改革する。低収益で価格競争も激しい同事業を中国のレノボ・グループ(聯想集団)との合弁会社に移管。IT(情報技術)サービスと通信機器に経営資源を集中、世界市場で生き残りを目指す。

NECはこの2年、ハードウエア事業の再構築を進めてきた。赤字の元凶だった半導体は、2010年4月に子会社のNE…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]