/

スイカ乗降履歴データの外販、JR東が当面見送り

東日本旅客鉄道(JR東日本)は20日、ICカード乗車券「スイカ」の乗降履歴データなどの外部販売について、当面再開を見送ると発表した。今月25日までとしていたデータ提供の除外を希望する利用者の受付期間も延長する。

JR東日本は9月にスイカのビッグデータ活用のあり方を探る外部識者の有識者会議を設置している。会議の結論が出るまで社外にデータを提供しないことを決めた。データ提供の除外希望については、電話やメールに加え、10月からはJR東日本のホームページに開く専用窓口でも受け付ける。

JR東日本はスイカの利用履歴などに伴うビッグデータを日立製作所に販売していたが、7月下旬に「利用者への事前説明が不足していた」として継続的なデータ提供を中止した。提供したデータは日立が既に抹消。有識者会議の初会合は9月6日に開いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン