/

6月の全国コンビニ売上高2.6%減 9カ月ぶりマイナス

日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が20日発表した6月の全国コンビニエンスストア売上高(既存店ベース)は前年同月比2.6%減の6780億円だった。マイナスは9カ月ぶり。記録的な暑さだった昨年に比べ気温が低く、冷やし中華や飲料の売り上げが落ち込んだ。

台風も響き、客数は2.3%減。客単価は0.3%減の590円だった。19カ月増収を続けたセブン―イレブン・ジャパンがマイナスになるなど、大手5社も全て減収だった。

店舗数の増加で、全店ベースの売上高は2%増の7446億円だった。商品分野別では、おにぎりや弁当を含む日配食品は6.8%増。一方、たばこを含む「非食品」は3.3%減だった。昨年6月は東日本大震災後のたばこの供給回復で売上高が急伸しており、反動減となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン