環境が保護主義の口実に 国際協調へ認識共有を
日本総合研究所主席研究員 足達 英一郎

(1/2ページ)
2010/10/27 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月15日、米国通商代表部(USTR)は、環境産業分野での貿易、投資に影響を与える中国政府の方針や行動を、米通商法301条(不公正貿易慣行国の特定・制裁)に基づいて調査する決定を下した。

この決定には、背景に全米鉄鋼労働組合(USW)の強力な働きかけがあった。全米鉄鋼労組は、風力発電、太陽光発電、二次電池、エネルギー効率の優れた自動車などの製品分野で、中国政府がWTOルールに違反するかたちで、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

日経産業新聞のお申し込みはこちら

電子版トップ



[PR]