/

この記事は会員限定です

スマートフォン高速化競争 ドコモ、月内から速度2倍

端末販売で優位狙う

[有料会員限定]

NTTドコモは6月から現行の第3世代携帯電話の通信速度を約2倍に高めたサービスを開始する。やり取りするデータ量の多いスマートフォン(高機能携帯電話)の普及に伴い高速通信へのニーズが高まっており、スマートフォンを中心に高速対応機種を順次増やす。同業他社に比べて通信速度を向上し、端末の販売で優位に立つ戦略だ。

ドコモは現行世代の約5倍の速度がある携帯電話サービス「Xi(クロッシィ)」を開始済みだが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません