/

この記事は会員限定です

成田豊氏、広告の社会的役割に貢献

[有料会員限定]

広告の果たす社会的な役割を広げること。その認知を高めること。20日に死去した電通元社長、成田豊氏はこの2つに生涯を費やした。

東大卒業時、結核の既往症から海運、鉱山、鉄道など当時一流とされた企業への就職にすべて失敗。先輩の誘いで「不本意ながら」広告の道に進んだ。日本の広告業界の礎を築いた吉田秀雄社長(当時)の薫陶を受け若くして頭角を現す。

気配りと決断力を武器に経済界だけでなく政治、スポーツ、映画...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン