2019年4月23日(火)

ソニーVS.マイクロソフト インディゲーム「青田買い」競う
東京ゲームショウ開幕

(1/2ページ)
2013/9/22 7:00
保存
共有
印刷
その他

ゲーム見本市「東京ゲームショウ2013」が19日開幕した。ソニーと米マイクロソフトの次世代ゲーム機がそろい踏みする今回、新たなソフトの獲得を競う。標的は「インディーズゲーム」。スマートフォン(スマホ)ゲームの普及で増殖する無名の開発業者の「青田買い」を急ぐ。19日には家庭用ゲーム機市場をけん引した任天堂の山内溥前社長が死去した。ゲーム業界が大きくうねっている。

■スマホ台頭で激変

「まずパソコン向けで利用者100万人。来年には家庭用ゲーム機向けにも展開したいね」

ゲームショウ会場の一角。自社開発ゲームの出展のためにインドネシアから来日したアントリオ・ベルガスディットさんは自信を見せた。東南アジアの市街地を現地のクルマが疾走する、パソコン用のレーシングゲーム「ANGKOT」を今年11月からネット配信する計画だ。

今回のゲームショウでは、大手ゲーム会社のブースの傍ら、多くの中小ゲーム開発会社が集まった。アジアを中心に海外企業も多く、33の国・地域から160社強が出展した。スマホが世界中に行き渡り、家庭用ゲームが主体だったゲームショウも様変わり。利用者だけでなく、ゲーム開発者側にも大きな変化の波が押し寄せている。

沖縄県北谷町のサマータイムスタジオは今年で設立2年、従業員数も20人ほどの典型的なインディーズだ。しかし、既にスマホやタブレット(多機能携帯端末)向けでは一大ヒットメーカーとなった。今年4月に自社タイトルとして初めて配信を始めたゲームは、既に国内外でダウンロード数が100万回を超えた。

スマホ向けなどに世界中の誰もがゲームを開発して配信。独創的な面白さがあれば一躍巨万の富を得られる時代がゲーム業界に訪れたわけだ。一般的なゲーム開発ツール「Unity」を使用する開発者だけでも、世界に160万人存在すると言われる。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報