副作用抑えるC型肝炎薬 ブリストル、開発急ぐ

2013/3/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 従来の治療薬より副作用の少ないC型肝炎治療薬の開発が進んでいる。ブリストル・マイヤーズ(東京・新宿)はインターフェロンを使わない治療薬の臨床試験を進めており2014年にも発売したい考え。米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)グループのヤンセンファーマ(東京・千代田)はこのほど新薬の承認を申請した。国内に最大200万人いるといわれるC型肝炎ウイルス感染者の治療の選択肢が増えそうだ。

 ブリストル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 21:00
21:00
関東 22:00
22:00
東京 22:00
22:00
信越 22:00
22:00
東海 21:36
21:35
北陸 2:00
2:00
関西 22:00
19:56
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
22:39
22:15

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報