/

この記事は会員限定です

日清食品、中国で即席麺を増産 アモイや香港に新工場

[有料会員限定]

日清食品ホールディングス(HD)は2016年までに中国本土や香港に3工場を建設する。計約120億円を投じて、急増する中国本土の即席麺需要に対応。3年後には中国の売上高を5割増やす計画だ。食の安全への関心が高まる中国本土では、香港製や日本ブランドの即席麺が人気で増産体制を整える。

14年4月に香港の子会社を通じて中国南部の福建省アモイに新会社を設立。約40億円でカップ麺「カップヌードル」(中国での...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン