格安航空、パイロット争奪戦に火花 路線拡大のカギ
日航出身者、底つく 外国人採用増

2012/10/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内格安航空会社(LCC)3社がパイロットの確保を急ぐ。ジェットスター・ジャパンが2013年末までに現状の2.5倍の200人体制にするほか、ピーチ・アビエーションも13年9月までに1.7倍の100人規模にまで増やす。各社は外国人パイロット採用を強化したり、自前の専門訓練所なども設けたりして、必要数を早期に確保したい考えだ。

エアアジア・ジャパンも含めた国内LCC3社は当面、毎年5機前後の機材を増…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]