講談社、新刊本は紙と電子同時発行 年内に累計1万5000冊

2012/7/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

講談社は新刊本について電子書籍も同時に発行することを決めた。著作権が帰属する作家らと幅広く交渉、月に200点近くを定期的に両方で売り出す。既刊本も含め、毎月発行する点数を倍増させて年内に累計で1万5000点程度の品ぞろえを目指す。主婦の友社など中堅出版社も10月から配信事業を本格化する予定で、国内出版業界では来春にも現在の2.5倍となる10万点規模の電子書籍が流通する態勢が整う。

講談社はこのほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]