/

任天堂「Wii U」米国で発売 1000人が行列

品薄の店も

任天堂は18日、家庭用ゲーム機の新機種「Wii U(ウィー・ユー)」を世界に先駆けて米国で発売した。ニューヨークの直営店では約1000人が行列をつくったほか、他の販売店でも前夜から列ができ、1時間程度で品切れになる店も出た。12月にかけて順次発売する日欧でも好調な出足となるかどうか、注目が集まりそうだ。

同社によると「店頭、オンラインともに品薄感がある」といい、特に本体のメモリー容量が大きく価格が349.99ドルと高額な「デラックスセット」(日本での価格は3万1500円)の売れ行きが好調。すでにネット競売大手の米イーベイでは任天堂の販売価格を100ドル以上、上回る値付けでの出品も見られる。対応ソフトは29タイトルを同時発売した。

任天堂は13年3月末までのWii Uの販売目標を世界で550万台に設定した。2006年の年末商戦に発売した前作機「Wii」(07年3月末までに584万台販売)を下回る計画となっている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません