2019年1月22日(火)

イオン、ワーナー・マイカル完全子会社化を発表

2012/12/19 19:29
保存
共有
印刷
その他

イオンは19日、来年2月にも米ワーナー・ブラザーズ・エンターテインメント(WBE)と折半出資するシネマコンプレックス(複合映画館)2位のワーナー・マイカル(東京・千代田)の全株式を取得すると正式発表した。WBE社は日本のシネコン事業から撤退する。今年3月には住友商事がシネコン運営子会社を投資会社に売却するなど、再編が相次ぐ。

ワーナー・マイカルは全国に60劇場で496スクリーンを抱え、旧マイカルを吸収合併したイオンリテールとWBEが50%ずつ出資している。イオンがWBEの全保有株式を取得し、実質的に完全子会社にする。取得額は数十億円とみられる。

WBEは3~4年前からワーナー・マイカルの保有株式の売却を検討してきた。日本のシネコン事業からの撤退後は配給事業を中心に展開する。国内映画館の1スクリーン当たりの年間興行収入は減少傾向で、11年は約5400万円。シネコンが日本で初めて開業した1993年に比べて4割減っており、淘汰・再編が進みそうだ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報