2018年1月21日(日)

第一三共、インフル薬を発売 今季、最大で400万人分供給

2010/10/19付
保存
共有
印刷
その他

 第一三共は19日、純国産のインフルエンザ治療薬「イナビル」を発売した。専用の器具を使って吸入するタイプ。同じ吸入タイプの英グラクソスミスクライン製の「リレンザ」が1日2回、5日間の投与が必要なのに対し、1回の投与で済む。第一三共の発売で今シーズンは2305万人分のインフルエンザ治療薬の供給にめどが立った。

 第一三共のイナビルは12月末までに200万人分、2011年3月末までには最大で400万人分を供給できる予定。薬価は大人向けに40ミリグラム投与する場合で4161円。国内の製薬会社でインフルエンザ薬を製造するのは海外企業が発見した「ラピアクタ」を扱う塩野義製薬に次いで2社目。

 インフルエンザ薬では、中外製薬が輸入販売する「タミフル」の日本向け在庫を1240万人分確保している。グラクソはリレンザを600万人分、塩野義はラピアクタを65万人分確保している。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報