/

自工会会長「発展で恩に報いる」 豊田英二氏死去

日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は19日の記者会見で、17日に死去したトヨタ最高顧問で自工会会長も務めた豊田英二氏について「100年の長寿を全うし、長きにわたりトヨタを引っ張った。日本としても自動車業界の支柱を失ったと思う」と語った。

その上で、「英二が育てた会社や人が今、いろいろな分野で現役で頑張っている。自動車産業を中心にしっかりと日本を発展させていくことが、英二の恩に報いることになる」と述べた。

一方、賃金引き上げなどを巡り政労使協議が予定されていることについて「日本企業では毎年、労使の交渉が行われている。賃金は労使の信頼関係に基づき議論するものだ」と強調。賃上げは国からの要請でなく、労使交渉の結果で決めるべきだとの考えを強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン