自工会会長「発展で恩に報いる」 豊田英二氏死去

2013/9/19付
保存
共有
印刷
その他

日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は19日の記者会見で、17日に死去したトヨタ最高顧問で自工会会長も務めた豊田英二氏について「100年の長寿を全うし、長きにわたりトヨタを引っ張った。日本としても自動車業界の支柱を失ったと思う」と語った。

その上で、「英二が育てた会社や人が今、いろいろな分野で現役で頑張っている。自動車産業を中心にしっかりと日本を発展させていくことが、英二の恩に報いることになる」と述べた。

一方、賃金引き上げなどを巡り政労使協議が予定されていることについて「日本企業では毎年、労使の交渉が行われている。賃金は労使の信頼関係に基づき議論するものだ」と強調。賃上げは国からの要請でなく、労使交渉の結果で決めるべきだとの考えを強調した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]